MENU

ベルタマザークリームの効果は?妊娠線が予防できたのか体験レビュー

ベルタマザークリームの効果

ベルタマザークリームは効果が高いBELTAブランドが手がける無添加オーガニックの妊娠線予防クリームです。(2015年7月にベルタ妊娠線クリーム⇒ベルタマザークリームに名前が変わりました。)

 

妊娠・出産に関する雑誌(たまごクラブなど)にも紹介されているので実際に名前を聞いたことがある妊婦さんも多いですよね。

 

ベルタマザークリームは「妊娠線予防クリーム」として作られているので徹底した成分(シラノール誘導体・葉酸など)へのこだわりがあり市販のボディクリームよりも本格的効果があるとして人気があるのが特徴です。

 

そんなベルタマザークリームは定期便で今なら初回500円で購入できるチャンス!妊娠線を作らないためにはより早く始めることと、そして出産直前ギリギリまでケアすることが大切です。

 

出産をしてもお腹に妊娠線がない綺麗なママでいたい人はお得に始められるベルタマザークリームの定期便のチャンスを逃さないでくださいね。

 

ベルタマザークリームを使った効果・使い心地をレビュー

ベルタマザークリームの効果
現在妊娠5ヶ月目に入り、お腹が徐々に出てくるようになってきました。

 

お腹ってあまり見せないし…と呑気にきまがえていた自分ですが、いろんな妊婦さんの体験談を聞くと、お腹以外にも太もも二の腕にもできたとか!

 

腕に紫色の稲妻模様の妊娠線が入って夏なのに半袖でいられないなど…ちょっと考えるだけでゾッとしました。人生で何度もあるわけではないマタニティライフ。どうせなら、とことんマタニティを謳歌しようではないか。

 

というわけで、妊娠線予防クリームとしてたまごクラブでも取り上げられているベルタマザークリームで妊娠線はしっかりと予防できるのか・シラノール誘導体配合の効果とは??をハッキリさせるために実際に使ってしっかりとケアしていくことにしました!

 

実際に使ったリアル効果を口コミしたいと思います。

 

ベルタマザークリームを使ってみた

公式サイトのネット通販から注文すること2日後、自宅にベルタマザークリームが届きました。さすがベルタブランドなだけあって、配送が遅くて待ちぼうけ・・なんてことはなかったです。

 

ベルタマザークリームを使用

 

ちなみに妊娠線対策は出産前後までしなければいけないので、初回500円でお得な定期便で購入しました。始めて使用する妊娠線予防クリームにちょっと緊張です。。

 

早速中身を出してみます。ちなみにベルタマザークリームの内容用は120g。これ1本で約1ヶ月分なので1回あたり4g。わかりやすくいうと500円玉大程です。

 

ベルタマザークリームの中身

 

ベルタマザークリームは香りはほとんどありません。手にとったクリームを鼻に近づけて匂いを嗅いだところ、わずかに柑橘系の香りがしました。ですが、このくらいならほぼ無臭と言えるのでつわりが辛いママさんでも香りが無理!となることはないので安心してよさそうです。

 

実際にお腹に塗りました!ベルタマザークリームは手のひらにとって温めた後、まずはお腹に円を描くようにクリームを塗り広げ、目には見えないその後お尻や太もも、二の腕など気になる部位に塗っていきます。(手に取るよりも直接お腹に塗ったほうが楽かもw)

 

ベルタマザークリームを塗る時は妊娠線予防クリームの効果的な使い方として大切な「皮膚割線(ランゲル線)」を意識して塗り込みます。※妊娠線は体全身にある目には見えない皮膚割線に沿ってできやすいからです。(下記で説明)

 

ベル他マザークリームをお腹に塗る

 

ベルタマザークリームは非常に伸びがよく、ベタつくこともありませんでした。塗った後は比較的すぐに浸透してお腹がサラサラ肌になるので、お腹が冷える前に下着を被せられました!

 

オイル系を使っているとベタベタ感が残るのですぐに下着を上にかぶせるのは抵抗があるし、かといってローションだと保湿が少ないのがデメリット。ベルタマザークリームはこの中間地点のクリームタイプを採用し、ベタつかず、保湿がしっかりできるのが特徴です。

 

ベルタマザークリームを塗った直後はサラサラし、時間が経過すると保湿効果が実感できました。ちなみにベルタマザークリームを手に塗ると、小じわが少なくなりました 笑
このケアを1日朝・晩の2回行うのが妊娠線を作らないベストな方法です。

ベルタマザークリーム使用1ヶ月目(妊娠5ヶ月)

妊娠5ヶ月目のお腹
妊娠5ヶ月目はやっとお腹が出てきたかな〜という大きさです。ですが、まだそこまで大きくないので、この時期からしっかりとケアして妊娠線対策をしていきたいと思います。

 

妊娠線は早くケアを始めれば始めるほど防げるので、ほとんどの方がこの妊娠5ヶ月目からケアを始めています!この時期はまだ肌が痒い、といったことはありません。

ベルタマザークリーム使用2ヶ月目(妊娠6ヶ月)

妊娠6ヶ月目のお腹
ベルタマザークリームを使って2ヶ月目に入りました。この頃はまだ1日に1回しかケアしなくても大丈夫かもしれません。お腹や太もも、お尻にベルタマザークリームでケアしていますが、シラノール誘導体のおかげか今のところ妊娠線ができていないお腹をキープしています!

 

まだ、乾燥からくる痒みもなく、保湿効果をしっかりと感じてケアできています。

ベルタマザークリーム使用3ヶ月目(妊娠7ヶ月)

妊娠7ヶ月目になるとさらにお腹が大きくなりました。この1ヶ月で2kgも太ってしまい、お腹がドーン!!とでかくなり、もうお腹の下は見えません。この頃は1日2回はしっかりと塗るようにします。

 

ベルタマザークリームを万遍なく、塗り残しがないように気をつけていたら他の部位に塗る量が少なくなってきたので、ベルタマザークリーム1本+西松屋でママ&キッズを購入し足や胸をケアしました!

 

私は旦那さんが妊娠線は小さい頃の記憶で母親のお腹にできていたのを思い出すから、作らないで欲しいと言われているのでベルタマザークリームの効果を信じ、できないように気を付けようと思います。

その他妊娠線を予防するために行ったこと

妊娠線ができないようにしたこと

私が妊娠線ができないように徹底的に行ったのが体重管理です。妊娠線は体重が急激に増加するとできやすくなるので、外側もそうですが内側からも妊娠線ができないようにするために、徹底的に体重管理を行いました。

ベルタマザークリームと他の妊娠線予防クリームの違い

ベルタマザークリームと他のクリームの違い

妊娠線を予防するクリームはベルタマザークリーム以外にもたくさんありますよね。正直、どれがいいの?と悩んでいしまいます。効果は後からわかるものだからコスパを求めるとベルタマザークリーム以外に目が行きがちですが…本当にそれで大丈夫なのか…。

 

実際に妊娠線予防クリームとして人気が高いベルタマザークリーム、AFCストレッチマーククリーム、NOCORと比較してみました!

 

ベルタマザークリーム

AFCストレッチマーククリーム

NOCOR

保湿効果

美容効果

予防効果

値段

×

 

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの写真

ベルタマザークリームは他のクリームと比較して「妊娠線予防」に特化したシラノール誘導体成分と美容成分が豊富に配合されているのが特徴でした。

 

ベルタマザークリームには肌のターンオーバーを促進させる葉酸も配合されているので、肌内部を自然に柔らかく、急激な伸びにも耐えられるような構造を作っていくことが可能です。

 

その他高品質の美容成分3種、コエンザイムQ10、アミノ酸・ビタミン5種類、オーガニック5種類配合などAFCストレッチマーククリームやNOCORと比較すると配合成分の質や数には大きな違いがあります。

 

さらにベルタマザークリームは8種類無添加と低刺激で敏感肌の方でも一番安心して使えます。効果があることはもちろんですが、長く使用するものだからこそ赤ちゃんに影響を与えない添加物フリーが大切ですよね。

 

妊娠線予防クリームにはオイルタイプ、クリームタイプ、ローションタイプが存在しますが、ベルタマザークリームは両方のメリット部分を生かしたクリームタイプを採用。

 

ベルタマザークリームはベタつきがなく、サラッと濡れるのに、保湿効果が高いのが特徴です。

 

AFCストレッチマーククリーム

AFCストレッチマーククリームの写真

女性100人の声から誕生したAFCストレッチマーククリームは保湿効果で妊娠線を改善するのはもちろん、できてしまった妊娠線予防にも使えます。

 

ベルタマザークリームと比較すると使い始めも4ヶ月〜5ヶ月目と「予防」よりも「今の状態を改善」する点にポイントを置いているクリームといった感じです。

 

ヘスペリジンという配合成分が肌をじんわりと温めてくれるので冷え性で悩んでいる妊婦さんにもぴったり。無添加(香料・着色料・鉱物油)で低刺激なので敏感肌の方でも使えます。

 

また使い心地もよく、1ヶ月2,800円とお手頃価格で始められるので妊娠線クリームにコスパを求める妊婦さんにAFCストレッチマーククリームが向いています。

 

NOCOR

NOCORの写真

NOCORは「MOWMOW」から販売されているできてしまった妊娠線や肉割れをケアするアフタートリートメントクリームです。

 

美肌には欠かせない成分として浸透型ビタミンC誘導体、EGF・FGF様成分が配合されできてしまった妊娠線を予防しながら美肌効果が得られるのが特徴です。

 

もうすでにお腹が大きくなり、妊娠線ができてしまった妊婦さん、体にできた白い線が気になる方に向いています。

 

妊娠線予防クリームと比較するとやや値段が高いため、コスパがあまりよくありません。定期購入ではないのでまずは1本お試し購入をしてから、気に入ったらお得になるまとめ買い購入を検討されるといいと思います。

 

妊娠線予防クリームを使う女性

この3つのクリームの成分や趣をそれぞれ比較してみると、使い心地に関して大差はありませんが、

 

妊娠線予防に力を入れて綺麗なお腹にしたい⇒ベルタマザークリーム

予防も大事だけどコスパを求める⇒AFCストレッチマーククリーム

もうすでにできてしまった妊娠線を予防したい⇒NOCOR

 

と言えそうです。

 

巷では「保湿ができればいいんだ」という考えのもと安物の保湿クリームを塗る妊婦さんもいらっしゃいますが、安物のクリームは合成成分が配合されているので妊婦さんにはオススメできません。

 

添加物が多いクリームは経皮吸収による赤ちゃんへの影響の懸念されています。コスパを求めて安いもの選択し妊娠線ができてしまう妊婦さんも多いんです。妊娠線クリームは「今だけ」しか使わないものなので、しっかりとした配合成分・品質を選びたいところです。

ベルタマザークリームで妊娠線予防ができるのはなぜ??

皮膚の構造画像

妊娠線は体重増加乾燥お腹の急激な成長に対し、真皮や皮下組織がお腹の成長についていくことができず、亀裂が生じることでできてしまいます。

 

また妊娠中に多く分泌されるコルチゾールというホルモンは肌のターンオーバーを遅くさせるため、肌が伸びにくくなってしまうのも要因の一つです。

 

お腹が大きくなってくるとだんだん皮膚が伸びて痒くなってきます。気づいたらボリボリ掻いているなんてことも…。

 

それは皮膚が乾燥している証拠。妊娠線を予防するなら市販のボディークリームでもいいんじゃない?と思う妊婦さんもいるんですが市販のボディークリームは妊娠線を予防するために作られたクリームではないので、妊娠線予防効果はあまり期待できません…。

 

つまり、妊娠線ができにくいようにするためには、肌内部へのケアや体重管理が重要になるということ。

 

そこでベルタマザークリームが着目したのがシラノール誘導体です。シラノール誘導体は海外では妊娠線を予防する有効成分として認められています。

 

海外のモニター結果によると、初産婦はシラノール誘導体を使ってケアしたところ80%が妊娠線を発症せず、経産婦は62.5%の妊婦が妊娠線を発症しなかったと報告されています。

 

シラノールはケイ素で構成されている成分で、このケイ素には肌の内側にあるコラーゲンを再構築し、断裂しないようにつなぎ止めてくれる働きがあります。

 

つまり、シラノール誘導体を肌に塗ると肌内部が柔らかくなり、皮膚の急激な伸びについていけるようになるということなんですね。

 

妊娠4ヶ月あたりから徐々にお腹が大きくなり始めて、体重増加とともにお腹もグッと大きくなるのが5ヶ月頃からです。

 

この時期からベルタマザークリームの成分でケアすると妊娠線ができる可能性を下げられると言われています。

ベルタマザークリーの販売店は?楽天やAmazonで販売されているの?

女性

ベルタマザークリームは以前は「ベルタ妊娠線クリーム」として販売されていましたが、改良されベルタマザークリームとして販売されました。

 

ではそんなベルタマザークリームはどこで購入できるでしょうか?ベルタマザークリームが近くのドラッグストアや薬局店舗で市販販売されているか調査したところ、マツキヨやツルハ、スギ薬局といった薬局やドラッグストア、ロフトやハンズ、ドンキでも販売されていないとのことでした。

 

なので、ベルタマザークリームを購入する方法は通販限定となります。そこで楽天やAmazonなら安い値段で購入できる?ということで楽天、Amazon価格を調査しました。

 

ベルタマザークリームを楽天で探してみた結果

ベルタマザークリームの楽天価格

【最安値:4,980円】

 

ベルタマザークリームをAmazonで探してみた結果

ベルタマザークリームのAmazon価格

【最安値:6,560円】

 

ベルタマザークリームは楽天とAmazonでそれぞれ取り扱いがありました!ただ、楽天では最安値は4,980円。Amazonでは最安値が6,560円でした。

 

一方、公式サイトを確認すると…

 

ベルタマザークリームの公式サイト

ベルタマザークリームの公式価格

 

ベルタマザークリームの公式サイトで購入する場合は、定期便で初回が92%OFFの500円で購入できます。

 

またベルタマザークリームは楽天ショップよりも公式サイトで購入したほうがより新品のものが届くので、より新しいベルタマザークリームを使いたい方にも公式サイトがベターと言えそうです。

ベルタマザークリームの支払い方法

ベルタマザークリームの支払い方法

ベルタマザークリームはクレジットカード払いと代金引換(手数料432円)の二つから選べます。クレジットカード払いを選択した場合はVISA・JCB・Master・ダイナース・AMEXが使えます。

 

17時までに注文した場合は当時に発送してもらえるのでベルタマザークリームは17時までに注文すれば翌日、ないし2日後には自宅に届きます♪1日でも早く効果を得られるのは嬉しいですよね。

 

お届け時間の指定もできるので自分の都合がいい時間帯にベルタマザークリームを受け取れます。

ベルタマザークリームの使い方

ベルタマザークリームの使い方

妊娠中の体重管理は妊婦健診を受けているクリニックは産科で厳しく指導されることもありますが、妊娠線を予防する方法を教えてくれるクリニックはあまりないですよね。助産師さんがちらっと教えてくれるくらいで熱を入れている病院はありません。

 

なので、せっかくクリームを購入してケアしても間違った塗り方を実践してしまい、妊娠線ができてしまった!効果なかった!と嘆くママが多いんです。妊娠線クリームはただ妊娠線を作りたくない場所に塗るだけではNGです。「皮膚割線(ランゲル線)」を意識して塗り込むことが大切です。

 

せっかく妊娠線を予防できる時代になったので、綺麗なボディをキープするためにもしっかりと正しい知識を持って効果的にケアしていきましょう。

ベルタマザークリームはいつからいつまで使えばいい?

妊娠線予防クリームは早い段階で使っていくのが吉です。ほとんどの方がお腹が大きくなり始めた5ヶ月頃から使い始めますが早い人では2ヶ月目からケアする妊婦さんも。

 

ベルタマザークリームも当然ですが早い段階で使えば使うほど成分が効果を発揮し、皮膚の急激な伸びに耐えられるように皮膚が柔らかくなるので妊娠線ができる可能性を低くしていけます。

 

ベルタマザークリーム愛用者の中には妊娠前から使用される方もいらっしゃるようです。

 

ベルタマザークリームは体のどの部位に濡ればいい?

どんどん大きくなっていくお腹はもちろんですが、その他にも太ももや二の腕、腰周り、胸にも妊娠線はできやすいので毎日のケアで可能であればこれらの場所もクリームを塗っておくと安心です。

 

ただ体全身に塗ろうと思うとベルタマザークリームが1ヶ月もたなくなる可能性があるので妊娠線を作りたくない部位で優先順位が高い場所から使うのがオススメです。

 

見えにくい場所、優先順位が低い場所はAFCの妊娠線予防クリームや低価格で購入できるボディークリームを塗るなど、使い分けをするのもベターです。

ベルタマザークリームはどのタイミングで濡ればよい?

基本的に朝・晩の2回でOKです。夜は入浴後だと体が暖まっていて皮膚への浸透が良くなるので、体が温かいうちに塗るのがオススメです。

 

妊娠後期は一気にお腹が大きくなるので成分が浸透するように1日4回〜5回ほど塗ってもOKです。

ベルタマザークリームの正しい塗り方は?

ベルタマザークリームは手のひらにとって「皮膚割線(ランゲル線)」を意識して塗り込んでいきます。

皮膚割線(ランゲル線)とは?

画像出典:http://effectiveorganic.net/massage.html

皮膚割線(ランゲル線)

 

皮膚割線(ランゲル線)とは『細胞分裂の過程によって生じた細胞膜の跡』を指しています。

 

手術でメスを入れる際はこの皮膚割線に沿ってメスを入れると傷跡が目立ちにくく、治りが早いと言われています。

 

妊娠線はこの皮膚割線に沿ってできやすいのでこの割線に沿ってクリームを塗りこんで行くと妊娠線をできにくくできます。

 

ベルタマザークリームの皮膚割線(ランゲル線)を意識した塗り方

@ベルタマザークリームを500円玉ほどに手に取り、円を描いて塗っていきます。

A下から上へとベルタマザークリームを伸ばしてください。お腹の脇部分も忘れずに塗るようにしてください。

B最後にお腹の中心から外側へかけてベルタマザークリームを引き伸ばしてください。

 

量が多いとベタベタしてしまい、少ないと内部まで成分が浸透しないのでケチケチはせず、万遍なくしっかると塗るようにしましょう。成分が少ないと効果も薄れてしまいます。特に冬は肌が乾燥するので妊娠線ができやすい季節です。

 

注意点としてお腹が出ている部分はクリームを万遍なく濡れるのですが、お腹が大きくなるとお腹の下が見えず(特に陰毛部分!)塗り忘れてしまう場所が出てくるので見落とさずにしっかりと塗るようにしてくださいね。万遍なく!がポイントです。

ベルタマザークリームは産後にできてしまった妊娠線にも使える?

できてしまった妊娠線画像
基本的に専用の妊娠線クリームは産後でも使えるクリームです。出産後の皮膚のシワシワ、ヨボヨボを防ぎ、出来てしまった妊娠線があればベルタマザークリームの成分で薄くできます。

 

妊娠中に不覚にもできてしまった妊娠線は妊娠線予防と同じで肌の保湿と柔軟性が大切です。ただ、出来てしまった妊娠線を完全に消すことは難しいですが軽いものであれば産後のケアで限りなく目立ちにくくすることは可能です。

 

妊娠線を本気で消したい!と思った場合美容手術、ダーマーローラーによる方法、妊娠線予防クリームで徹底的にケアする方法があげられますが手術は保険が効かず一度だけではなく長期間に渡って治療が必要な場合もありますし、ダーマーローラー法も不安があります。

 

この中で一番簡単に取り組める方法がベルタマザークリームのような妊娠線予防クリームです。特にベルタマザークリームはシラノール誘導体が配合され皮膚の奥に働きかけて肌に保湿を与え柔軟性を持たせるので、保湿と美白と妊娠する前の肌質にするにはもってこいのクリーム。

 

妊娠中にケアしていたのであれば限りなく薄く目立たなくさせることは可能なので諦めずに産後のお腹にも塗ってみてくださいね

ベルタマザークリームの先輩妊婦さんによるサポートとは?

サポート体制

ベルタブランドはお客様サポートに力を入れていて、販売したら終わりではなく、実際に商品を手に取って購入したことで欲しかった効果が得られるまでサポートを行います。

 

実際に妊娠・出産経験がある先輩ママからのサポートなので心強く、不安や疑問に思ったことも聞けるのが嬉しいですよね。ベルタマザークリームを使っていた疑問に思ったことやもっと効果的な使い方が知りたいと思ったらサポートを使いましょう!

 

ベルタマザークリームは保湿効果が非常に高いので絶対に妊娠線を作りたくない!といった方向けの妊娠線予防クリームです。
赤ちゃんへの影響もなく安心して使えて、使い心地がよく、人気NO1の妊娠線予防クリームを使いたいといった方にベルタマザークリームは向いています。

ベルタマザークリームはどうして6回継続なの?

ベルタマザークリームの定期便は6回の継続がお約束です。なぜ6回継続なのかいうと、6ヶ月使うことで妊娠線ができない肌状態を作り出すことができるからです。

 

ダイエットサプリや葉酸サプリでも薬ではないので体に慣れさせるには最低でも1ヶ月〜2ヶ月は飲み続けないといけないですよね。それと同じで妊娠線もベルタマザークリームを使い始めてすぐに効果が出る!というよりも数ヶ月使い続けて徐々に成分が浸透し、皮膚が柔軟になっていきます。

 

しっかりと保湿成分ケアするなら継続が重要。なので初めからお得になる定期便は嬉しいですよね。1本1本購入するよりも定期便で購入したほうが安くなるのでベルタマザークリームのちょっとした心使いと言えそうです。

 

また出産するまでの長い期間の付き合いになります。だからこそ安い価格で購入し続けられるように「しっかりと妊娠線を予防できる肌になるように」という気持ちからベルタマザークリームは6回の継続となっています。

 

ベルタマザークリームのシラノール誘導体成分は他には配合されていない成分でシラノール誘導体を配合したベルタマザークリームは妊娠線予防クリームとして評価される。口コミでもお腹に成分を使用してから商品の効果かシラノール誘導体配合と葉酸配合のおかげで痒くない。お腹が痒ければ葉酸とシラノール誘導体、美容成分配合でケアしたいところ。保湿成分が優れいてるから保湿がしたければ保湿力が高いベルタマザークリームでケアするのが一番。成分と口コミは嘘がないから予防したければベルタマザークリームのシラノール誘導体と葉酸、美容成分でケアするべき。