MENU

体格差による妊娠線の出来やすさの違いについて

妊娠するとどんどん大きくなるお腹に、もうこれ以上皮膚は伸びないよ!と感じることもありますよね。

 

妊娠線について調べていると全然ケアしていなくても全くできない人、一生懸命ケアしていても妊娠線ができてしまう人と分かれます。

 

となるともしかして妊娠線は体格の違いによってできやすい、できにくいとかもあるの?と気になってきますよね。そこで妊娠線は体格の違いによってできやすさに差はあるのか調査しました。

 

痩せている人と太っている人で違う?

妊娠線は「痩せているからできにくい」「太っているとできやすい」など、また逆のことが本に書かれることがあります。

 

ですがこれは間違い。実は体型が太め、痩せ型というだけでは妊娠線ができやすい・できにくいとは言い切れません。

 

例えば、痩せている人がお腹が急に大きくなれば、妊娠線ができやすくなります。

 

痩せている人は体の脂肪が少ない状態、つまり体に冷えがあることも少なくありません。皮膚の血行が悪くなると、急にお腹が大きくなった時の皮膚の伸縮性もなく、また皮膚が傷ついても修復することが難しいので、妊娠線ができやすいのです。

 

反対に太めの人は皮下脂肪も多く、皮膚が柔らかい場合も少なくありません。もともとの体型から皮膚の伸縮性があり、さらに妊娠しても体重が増えないように医師から厳しく指導され体重が増えすぎないように気をつけた結果、妊娠線が出来ないということもあるのです。

 

妊娠線ができるか、できないかの分かれ道とは

妊娠線ができやすいかどうかは、体格の違い、皮膚の伸縮性、急激な体重の増加とお腹のでっぱりなどがすべて関連してきます。

 

特に妊娠線ができやすいのは急激にお腹が大きくなった場合です。つまり、1ヶ月で数キロ単位で増えてしまう妊娠後期に妊娠線はできやすくなります。さらに男のコを出産する人はお腹が前に突き出やすく、より妊娠線ができやすいです。

 

乾燥する時期にお腹が大きくなる人も要注意。肌が乾燥しやすいのでそれだけ皮膚が避けやすい状態になっています。

 

体質、外的環境、お腹の赤ちゃんの大きさの違いなどで妊娠線のできやすさは異なってきますが、妊娠線を作りたくないのであれば妊娠線予防クリームでケアするのは必須です。