MENU

妊娠線ケアグッズのメリット、デメリットを比較

女性

妊娠線予防グッズとしてオイル、クリーム、ローションが販売されています。

 

オイルのほうが妊娠線をしっかりと予防できるのでは?クリームではお腹が冷えるのでは?など実際に使う前にはいろんな疑問が浮かんできますよね。

 

オイル、クリーム、ローションではそれぞれ使用する際にメリット・デメリットが存在します。大切なのは自分の好みにあったものを選択すること。

 

どのタイプがよい?と迷っている方はこちらを確認してみてください。

オイル・クリーム・ローションの違いはなに?

まず、オイルやクリーム、ローションの違いはなんなのでしょうか?これらの3つの違いは油の量です。

 

最も油の含有量が多いのがオイル、少ないのがローションです。

 

オイル・クリーム・ローションのメリット・デメリット

オイル系

メリット

保湿効果が高い

 

デメリット

ベタベタして手と衣類が汚れる

匂いがするものもある(悪阻の時期はつらい)

クリーム系

メリット

ベタベタしない

塗り心地がよい

保湿と油分をバランスよく補給できる

 

デメリット

様々な種類があって悩む

 

ローション

メリット

つけ心地がよい

肌に浸透しやすい

 

デメリット

保湿効果が低い

 

オイル、クリーム、ローションはそれぞれメリット・デメリットがあり、自分にあったものを見つけることが毎日のケアにつながります。

 

この中で最もメジャーで多くの妊婦さんに使われているのはクリームタイプです。

 

高価な妊娠線予防クリームではなく安いニベア缶、西松屋で販売されている妊娠線予防クリームを使われる妊婦さんもいらっしゃいますが…ニベア缶は妊娠線予防のために作られたクリームではなく、また西松屋で販売されているクリームも表皮を保湿するだけで肌内部を保湿する成分が配合されていません。

 

つまり、これらは妊娠線を予防するために重要な肌内部の柔軟化ができないので妊娠線予防クリームと比較すると妊娠線ができやすいのは否めません。

 

妊娠線予防クリームはずっと使い続けるものではなく「妊娠中の今」しか使わないものです。

 

価格で選んで結果的に妊娠線が出来てしまった後に後悔するよりかは、妊娠線予防クリームを塗ってケアしたほうが、万が一できてしまっても心が納得しますよね。

 

出来てしまった後に後悔しても遅いので、自分にあったものを選択するようにしてくださいね。